FC2ブログ

益田部会☆

Coffee.jpg
こんばんは

今日は益田部会がありました
お久しぶりに部会の様子を
お伝えします

今日は部長も都合が合わず欠席
お仕事の都合で欠席
子どもさんがお熱で欠席
とお休みも多くちょっぴり少ない参加でしたが
内容は濃い濃い部会となりました

春から中学校へ行く子どもの中学校との話し合い
そこで、思いもよらない無理解な発言を聞いて・・・・
こりゃまずいと、危機感を感じた母
小学校での支援を話しても、ちょっぴりトンチンカンな発言をする
中学校側の先生もいて・・・しかし、ずーっと支援してくださった方々から
「まだまだ話合いが必要ですね~」と言っていただき
進学先の中学校からは「まずは僕たちから話を聞かせていただきたい」と
校長、教頭がいってくれたとか
「私、我が子のことを説明するために台本考えて、フリップもつくってみました」と
実演してくれました
涙ぐみそうになるのをぐっとこらえて、我が子繋がる特性の説明をわかりやすく
お話されました!
よくわかるよ!
きっとわかってくれる日が来る!
わかってくれる先生と出会える!!
親として頑張るって覚悟の見えたお話

もうひとり春から中学生になる子の話
反抗期もあってなかなか思うように親子での話しも出来ない日もある
そんな中でも自己理解につながりそうなことも
テレビでみた自分と同じような状態の子をみて
「ぼくとおなじだ・・・・」
「ぼくだけじゃないんだね・・・・」
「ほかにもいるんだ・・・・」

『ダメな自分』って思ってしまって苦しんでいる子どもたち
親が言っても伝わらない、受け取りたくないっていうのかな
そんな中、自分とおなじような状態にある人の存在が
親以外の情報から得られるとすんなり受け入れられたりする
ちょっとずつ、自己理解してくれたらいいなぁと思ったお母さんのお話


受け入れたことで成長する姿がみれた保育園児のお母さん
園の方針も理解できるが、我が子にとってはどうなのかな?
もう少し、《支援》をいれてほしいと望んでみても
他の子たちと同じように対応してくれている
「適切な療育を」と思うことも
「じっとその子の成長を見守る」ことも
どちらも大切
家で出来ることは家で
園でできることは園で
療育でできることは療育で
お母さんが園の方針を受け入れられたからなのか
園も先生方の様子にも変化が
そこがうれしいというお話

こんな近況報告を聞きながら
我が子への告知話や
同級生に向けての話
どんな風に伝えたの
話をしたり、こんなサイトを見せたよと紹介したり
ラインスタンプの話題まで・・・・
なかなかの充実ぶりでした

来月はランチ会も計画しています

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

啓発デー企画
益田、浜田部会合同企画

自閉症啓発DVD鑑賞会を企画しました!
3月11日《日曜日》いわみ~るでやります!
予定あけといてね~

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する